2010年11月14日

初期設定〜uTorrent/μTorrent〜





無事μTorrentがインストール、初めに初期設定を行っておきましょう。各項目別のおすすめ「uTorrent」初期設定方法をまとめていますので、参考にしてください。

μTorrent(マイクロトレント)の初期設定方法
μTorrent(マイクロトレント)のおすすめ初期設定についてまとめています。そのままでも使えますが、今後のことを考え、できるだけ初回設定をしておきましょう。

まずは上部メニューから「オプション」→「設定」とすすんでください。

「一般」〜μTorrent設定方法〜

ここで重要なのは「トレントファイル」と「μTorrent」との連携です。
オプション下部の「Windowsとの連携」の「トレントファイルに関連付ける」をクリックし、「確定」をクリックしてください。
その他の項目はそのままでOK!もちろん、カスタマイズしてもOKです。


「ダウンロード」〜μTorrent設定方法〜

ここはできるだけきちんと設定しておきましょう。そうすることで後々のファイル管理が楽になりますよ。
@「既定の保存先」にチェックを入れ、先ほど作成した「BT」フォルダ内の「CASHE」フォルダを指定。ダウンロード途中のトレントファイルがここに保存されます。
A「ダウンロード完了後の移動先」にもチェックを入れ、同じように先ほど作成した「BT」フォルダ内の「DOWN」フォルダを指定。ダウンロードが完了したファイルがこちらに保存されるようになります。


B「未完了ファイル名に.!utを付加」にもチェックを入れておきましょう。これで「μTorrent」でダウンロード途中のファイルには「.!ut」という拡張子が付属され、よりファイルの管理がやりやすくなると思います。
設定が終了したらC「適用」をクリック。


「接続」〜μTorrent設定方法〜

@「着信接続用ポート」は開放しているポート番号を記入してください。個々の数字は変更してもOKです。UPnPに対応しているルータを使用していれば、特に変更の必要はありません。ポート開放が良く分からない方は次ページ「ポート開放について」を参照してください。
※番号は「49152〜65536」の間で決定してください。
A「UPnPポートマッピングを使用」は、対応しているルータ等を使用しているのであればチェックを入れておくと、ややこしいポート開放が必要なくなり便利です。UPnPにルータが対応しているかどうかは説明書等で確認してください。ただし、「UPnP」はセキュリティー対策上、チェックをはずしたほうが良いという考えもありますので、個人の判断で使用してくださいね。
B「Windowsファイアウォール例外にμTorrentを追加」はこのままチェックを入れておいたので良いです。
C「大域幅制限」;「最大上り速度:500」に設定するのがおすすめです。
この「最大上り速度」の調整がトレントファイルのダウンロードスピードに大きく影響します
ただし、ネット環境によっては「上り、下り」ともに色々と調整して、自分に最適な速度を見つけましょう。
※できるだけ「最大下り速度」は「0(無制限)」を推奨します。
設定が完了したらD「適用」をクリックしてください。

「ビットトレント」〜μTorrent設定方法〜

特に変更の必要はないと思います。


「キュー」〜μTorrent設定方法〜

@「キューの設定」ですが、「最大稼動トレント数」、「最大稼動ダウンロード数」共に多いほど多数のファイルを落とせますが、その分パソコンのマシンパワーも必要になります。初期設定の「20」は少し多いかもしれないので、パソコンのスペックにあわせ調節してみてください。
ちなみに管理人は、なんとなく「最大稼動トレント数:8」、「最大稼動ダウンロード数:5」で使用しています。
完了したらA「適用」をクリック。


「スケジューラ」〜μTorrent設定方法〜

特に設定の必要はありません。もしも各曜日ごとに帯域幅の調整をしたければ使用してみると良いでしょう。1時間単位で細かく設定できますよ。


「その他の設定」〜μTorrent設定方法〜

ここも特に設定の必要はありません。トレントファイルは使い捨てのような感じで、そもそも保存する機会はあまりないと思うので、特に設定の必要はないかと思います。


「高度な設定」〜μTorrent設定方法〜


ここも設定の必要はないと思います。しかし、この中の「ウェブUI」の「接続」で「アクセス禁止IPリスト」の設定ができます。BitTorrentはP2Pファイル共有ソフトではありますが、それほど個人ユーザの悪意のある行動に出会うことはありません。しかしながら、もしもアクセスしてほしくないユーザに出会った時は、この設定を利用すると良いと思います。


最後に「確定」をクリックして、基本的な「μTorrent」の設定は終了です。

μTorrentの初期設定方法2〜スピードガイド〜

次に「スピードガイド」の設定もあらためて行っておきましょう。
オプション→スピードガイドと進んでください。

初回起動時に設定していれば問題ありません。
もしも内容を変更したい場合は設定し直してください。
まず@で自分の接続回線のスピードを選択します。光なら「100Mbit」余裕を持たせたければ「50Mbit」あたりを選択すればよいでしょう。
次にAで「μTorrent」で使用するポートを選択します。
すでに空いているポートがあればその番号を入れてください。また、UPnPに対応しているルータであれば特に設定は必要ありません。
設定方法が分からない方は、お持ちの機器によってポート開放の仕方は違いますので、説明書かメーカーのサイト等でご確認ください。また、次のページでポート開放の方法は説明しています。

Bについては特に設定の必要はないかと思います。
設定が終了したらC「Use Selected Settings」をクリックしてください。
以上で基本的なμTorrent(マイクロトレント)の設定は終了です。




無事μTorrentがインストール、初めに初期設定を行っておきましょう。各項目別のおすすめ「uTorrent」初期設定方法をまとめていますので、参考にしてください。

μTorrent(マイクロトレント)の初期設定方法
μTorrent(マイクロトレント)のおすすめ初期設定についてまとめています。そのままでも使えますが、今後のことを考え、できるだけ初回設定をしておきましょう。

まずは上部メニューから「オプション」→「設定」とすすんでください。

「一般」〜μTorrent設定方法〜

ここで重要なのは「トレントファイル」と「μTorrent」との連携です。
オプション下部の「Windowsとの連携」の「トレントファイルに関連付ける」をクリックし、「確定」をクリックしてください。
その他の項目はそのままでOK!もちろん、カスタマイズしてもOKです。


「ダウンロード」〜μTorrent設定方法〜

ここはできるだけきちんと設定しておきましょう。そうすることで後々のファイル管理が楽になりますよ。
@「既定の保存先」にチェックを入れ、先ほど作成した「BT」フォルダ内の「CASHE」フォルダを指定。ダウンロード途中のトレントファイルがここに保存されます。
A「ダウンロード完了後の移動先」にもチェックを入れ、同じように先ほど作成した「BT」フォルダ内の「DOWN」フォルダを指定。ダウンロードが完了したファイルがこちらに保存されるようになります。


B「未完了ファイル名に.!utを付加」にもチェックを入れておきましょう。これで「μTorrent」でダウンロード途中のファイルには「.!ut」という拡張子が付属され、よりファイルの管理がやりやすくなると思います。
設定が終了したらC「適用」をクリック。


「接続」〜μTorrent設定方法〜

@「着信接続用ポート」は開放しているポート番号を記入してください。個々の数字は変更してもOKです。UPnPに対応しているルータを使用していれば、特に変更の必要はありません。ポート開放が良く分からない方は次ページ「ポート開放について」を参照してください。
※番号は「49152〜65536」の間で決定してください。
A「UPnPポートマッピングを使用」は、対応しているルータ等を使用しているのであればチェックを入れておくと、ややこしいポート開放が必要なくなり便利です。UPnPにルータが対応しているかどうかは説明書等で確認してください。ただし、「UPnP」はセキュリティー対策上、チェックをはずしたほうが良いという考えもありますので、個人の判断で使用してくださいね。
B「Windowsファイアウォール例外にμTorrentを追加」はこのままチェックを入れておいたので良いです。
C「大域幅制限」;「最大上り速度:500」に設定するのがおすすめです。
この「最大上り速度」の調整がトレントファイルのダウンロードスピードに大きく影響します
ただし、ネット環境によっては「上り、下り」ともに色々と調整して、自分に最適な速度を見つけましょう。
※できるだけ「最大下り速度」は「0(無制限)」を推奨します。
設定が完了したらD「適用」をクリックしてください。

「ビットトレント」〜μTorrent設定方法〜

特に変更の必要はないと思います。


「キュー」〜μTorrent設定方法〜

@「キューの設定」ですが、「最大稼動トレント数」、「最大稼動ダウンロード数」共に多いほど多数のファイルを落とせますが、その分パソコンのマシンパワーも必要になります。初期設定の「20」は少し多いかもしれないので、パソコンのスペックにあわせ調節してみてください。
ちなみに管理人は、なんとなく「最大稼動トレント数:8」、「最大稼動ダウンロード数:5」で使用しています。
完了したらA「適用」をクリック。


「スケジューラ」〜μTorrent設定方法〜

特に設定の必要はありません。もしも各曜日ごとに帯域幅の調整をしたければ使用してみると良いでしょう。1時間単位で細かく設定できますよ。


「その他の設定」〜μTorrent設定方法〜

ここも特に設定の必要はありません。トレントファイルは使い捨てのような感じで、そもそも保存する機会はあまりないと思うので、特に設定の必要はないかと思います。


「高度な設定」〜μTorrent設定方法〜


ここも設定の必要はないと思います。しかし、この中の「ウェブUI」の「接続」で「アクセス禁止IPリスト」の設定ができます。BitTorrentはP2Pファイル共有ソフトではありますが、それほど個人ユーザの悪意のある行動に出会うことはありません。しかしながら、もしもアクセスしてほしくないユーザに出会った時は、この設定を利用すると良いと思います。


最後に「確定」をクリックして、基本的な「μTorrent」の設定は終了です。

μTorrentの初期設定方法2〜スピードガイド〜

次に「スピードガイド」の設定もあらためて行っておきましょう。
オプション→スピードガイドと進んでください。

初回起動時に設定していれば問題ありません。
もしも内容を変更したい場合は設定し直してください。
まず@で自分の接続回線のスピードを選択します。光なら「100Mbit」余裕を持たせたければ「50Mbit」あたりを選択すればよいでしょう。
次にAで「μTorrent」で使用するポートを選択します。
すでに空いているポートがあればその番号を入れてください。また、UPnPに対応しているルータであれば特に設定は必要ありません。
設定方法が分からない方は、お持ちの機器によってポート開放の仕方は違いますので、説明書かメーカーのサイト等でご確認ください。また、次のページでポート開放の方法は説明しています。

Bについては特に設定の必要はないかと思います。
設定が終了したらC「Use Selected Settings」をクリックしてください。
以上で基本的なμTorrent(マイクロトレント)の設定は終了です。
posted by torent at 20:01 | Comment(0) | Torrent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

uTorrentのダウンロード

■Torrent使い方講座

1. 公式サイトよりuTorrentをダウンロードし、実行します。
uTorrent





2. セットアップが開始されます。まずは言語を指定しましょう。
Japaneseを選択しOKをクリックします。




3. 日本語版がダウンロードされます。



4. セットアップが開始されます。次へをクリックしましょう。



5. ご丁寧に警告がでます。読めばわかりますが
「これは無料ソフトです。これを使って金儲けしようとしてるやつに金渡すな!」と
書いてあります。次へをクリックします。



6. 利用規約が出るので同意するをクリックします。



7. 設定ができます。ご自由に設定し次へを選択します。
おすすめは↓の画像のとおりです。



8. ここはいじらずに次へをクリックします。




9. ツールバー(タブの上にある検索窓とかのやつ)がダウンロードできます。
正直邪魔なのでチェックをはずしてインストールをクリックします。




10. これでインストールは完了です。
posted by torent at 19:58 | Comment(0) | Torrent | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。